【8月22日~26日】おすすめデイリー株ニュース
田中(サイト管理人)
田中(サイト管理人)
サイト管理人の田中っす!

今週の気になった株式投資のニュースをピックアップしてご紹介するっす!

今すぐに騰がる急騰銘柄を知りたいという方は以下のサイトを要チェック!

【8月22日~26日】おすすめデイリー株ニュース

【8月26日】おすすめデイリー株ニュース

パウエル議長ジャクソンホール会議で講演

パウエル議長、ジャクソンホール会議での発言に注目集まる

本日26日にFRBのパウエル議長がカンザスシティーで行われるジャクソンホール会議で講演を行う予定。

 

パウエル議長は前年、同会議ですでに起きていた物価上昇に対して利上げでは対応しないという方針のもと「インフレは一時的」という間違った発言をしていたと指摘する人もいるっす。

 

このように去年のジャクソンホール会議で物価上昇のリスクを過少評価した後に、物価の騰がるスピードが加速、今年6月の消費者物価指数(CPI)は前年比上昇率で9.1%に達したっす。

 

これにより経済金融界の大御所たちは、パウエル議長のこの政策運営が間違っていたことを批判。

 

この流れからパウエル議長は今回のジャクソンホール会議でタカ派な発言する可能性が大きいと考えられているっす。

 

さてパウエル議長の今回の発言で株価がどのように動くか楽しみなところっす。

 

騰がる銘柄』や『材料株』の情報を
LINEでリアルタイムに発信中!

→『急騰銘柄LINE』を友達追加する

 

【8月25日】おすすめデイリー株ニュース

原発関連銘柄

次世代原発建設報道により原発関連株が高騰!

原発関連株が軒並みに高騰を見せたっす!

東京電力ホールディングス(9501)
三菱重工業(7011)
日本製鋼所(5631)
東京エネシス(1945)

 

など大手電力会社から原発プラント手掛ける鋳鍛鋼、メンテナンスを手掛ける企業まで幅広く買われたっす。

 

理由はご存じの方も多いと思うっすけど、岸田文雄首相がGX実行会議で次世代型の原子力発電所の開発、建設を建設することを指示したことにより買いの刺激材料に。

 

また来夏以降に最大で17基を再稼働させる意向であることも伝えられたことから原発関連銘柄に注目が集まっているっす。

 

原発関連銘柄の中にもグロース株は多数存在しているので、そこまで大きな資金のない方でも買いやすい銘柄も。

 

深掘りしてみると面白いテーマかもしれないっすね!

 

騰がる銘柄』や『材料株』の情報を
LINEでリアルタイムに発信中!

→『急騰銘柄LINE』を友達追加する

 

【8月24日】おすすめデイリー株ニュース

日経平均はもみあい。米株安が重荷に

24日の前場寄り付きの日経平均株価は小幅に反発、前日より30円高い2万8400円台で後半で推移していたっすけど、少しずつ下落、11時時点で120円マイナスの28300円台に。今後の動きが気になるところ。

 

日経平均は前日まで4営業日連続で700円強の下げ、前週に年初来高値に接近したことにより利益確定売りが出やすい状況が続いていたっすけど、高値警戒が薄らいで株を買い直す動きが先行したっす。

 

ただ上値は重く、日経平均は下落に転じる場面もあるっす。

 

FRBが大幅な利上げを継続する警戒感が根強く、26日に行われるジャクソンホール会議のパウエルERB議長の講演も控えているので投資家は積極的な買いを入れにくい状況になっているっす。

 

騰がる銘柄』や『材料株』の情報を
LINEでリアルタイムに発信中!

→『急騰銘柄LINE』を友達追加する

 

【8月23日】おすすめデイリー株ニュース

米国株、ダウ続落で始まる。長期金利上昇を警戒?

22日の売国株式市場ではダウ工業株30種平均が続落してスタート。

 

午前9時台では前週末比で400ドル以上の安値をつけて推移したっす!

 

下落の原因としては考えられるのは大きく分けて2つ。

 

    1. 欧州の主要株式市場が大幅安となったこと
    1. 今週後半にジャクソンホール会議が開催。パウエル議長がタカ派寄りの発言をするのではないか警戒する声があること

 

が考えられるっす。

 

日本も含めて、米株相場は7月半ばから上昇トレンドとなっていたため、ここで一旦調整が入ってくる可能性もあるっす。

 

取りあえずは、今週末のジャクソンホール会議でどっちの方向に進むのか様子を見たいところっすね。

 

 

騰がる銘柄』や『材料株』の情報を
LINEでリアルタイムに発信中!

→『急騰銘柄LINE』を友達追加する

 

 

【8月22日】おすすめデイリー株ニュース

米Amazon、ルンバ買収間近!アットコスメ筆頭株主にも

米アマゾン・ドット・コムが、自動ロボット掃除機『ルンバ』でお馴染みの米アイロボットを買収するとのこと。

 

また日本で化粧品系で人気の口コミサイトの『@コスメ(アットコスメ)』運営会社の筆頭株主になることを発表。

 

この2社に共通していることは、消費者の時短に繋がるコンテンツだということ。

 

アマゾンはルンバ買収について「家事時間の短縮」、アットコスメについては商品選択に悩む時間のカットを目的にしているそうっす。

 

たしかに以前からアマゾンは「ワンクリックで購入」など徹底的にユーザーのアクションを徹底的に少なくする努力を続けたきたっす。

 

まさにそういったことは今回の買収の理由となっている『時短』にも繋がっているっすよね。

 

アマゾンがとにかく時間に重きを置いている姿勢に感動っす。

 

騰がる銘柄』や『材料株』の情報を
LINEでリアルタイムに発信中!

→『急騰銘柄LINE』を友達追加する

 

 

この記事を書いた人
userimg
田中 電子版
この記事は投資歴10年以上、これまでに100社以上の投資顧問・株情報サイトを調査・試してきた田中が執筆したっす。

利用者のリアルな口コミをもとに調査を行い、しっかりと分析して記事を仕上げました。

読者の皆様が投資詐欺サイトを見抜き、優良サイトを探すお手伝いができたら幸いです。
コメントを残す

関連キーワード

の会社概要