【考察】円安による中国人の「爆買い」がまたやってくる?
田中(サイト管理人)
田中(サイト管理人)
サイト管理者の田中っす!
円安による中国の「爆買い」アゲインがあるのではないかと考察してみたっす!

今すぐに騰がる急騰銘柄を知りたいという方は以下のサイトを要チェック!

 

円安による中国人の「爆買い」がまたやってくる?

コロナショックに続き、ロシアとウクライナの戦争と、地政学リスクによる世界的な景気後退を懸念する流れが急速に高まっているのを感じないっすか!?

 

アメリカやヨーロッパ諸国ではCPI(消費者物価指数)の高騰によって経済指標が悪化する動きを見せはじめ

 

6月22日に行われたFRBのパウエル議長の議会証言の中では、アメリカ経済がリセッション(景気後退)入りする可能性があることを否定しなかったことなどが大きな波紋を呼んだっす!

 

他にも米銀大手のJPモルガンは金利の急騰によるアメリカ住宅需要が減ったことが明らかにしたり、関連する事業の中で大きなリストラが行われたことも記憶に新しいっす。

 

これら影響を受けてアメリカの大手金融機関は、来年以降のアメリカ経済のリセッション入りの確率を引き上げ、株価急落はリスクではなく、現実になる可能性が高いと警笛を鳴らす事態。

 

このようなアメリカ株市場に加えて、ヨーロッパの欧州株もまったく冴えない動き。

 

しかし、そんな状況の中、株式市場が底堅く推移している国があるんすよ!

 

その代表となるのが『日本』と『中国』っす!

 

日本と中国、欧米諸国との景気回復フェーズのズレ

日本の場合

まず日本の株式市場はアメリカやヨーロッパと比べるとマイナスの度合いが小さいといえるっす。

 

中国は関しては、ここにきて急速に株式市場が回復しはじめており、過去3ヵ月間の変化率を見るとプラスになっているという具合。

 

世界のトレンドが株安に進む中で、中国だけが何もなかったかのように株価を上げている感じっす。

 

これらのことから日本と中国、アメリカ・ヨーロッパ諸国の違いはなんなのか考えてみると、「景気回復フェーズのズレ」と考えるのが正しいのではないかと思うっす。

 

なぜなら日本は先進国の中で厳しいコロナ対策を長期に渡って継続したことにより、経済が回復するタイミングが他の先進国と比べて遅れてしまったのは事実。

 

いまアメリカやヨーロッパ諸国が経済のピークアウトを迎え、インフレによる消費活動の減少傾向にある中で、日本はこれからが経済再開を迎えようというところ。

 

5月のスーパーの売上高は9ヵ月連続で増加、その他の旅行や外食、衣服などの関連銘柄を見ても急騰を続けているところが多く、これからさらに経済が再開していくと考えると、欧米諸国と景気回復フェーズのズレはかなり大きいのではないかと思うっす。

 

中国の場合

中国の場合は、世界がコロナショックで感染拡大する中、最初は感染者数を拡大させずに景気も底堅さを保っていたの印象的だったっすよね。

 

しかし、去年くらいからその状況も変わりはじめ、上海などの主要都市をロックダウン、経済活動が停止に追い込まれる状況に、、、

 

その後、中国経済は悪化する一途をたどっていたっすけど、ここにきて足元で底入れとなっているように感じるっす!

 

その理由は、個人消費の伸びや製造業の活発化など数値が徐々に上がってきているのが確認できたからっす。

 

もちろんこの数字はロックダウンの反動で一時的に数字が上がっている可能性はあるっす。

 

しかし、一番悪かった時期よりも数字が上振れているのは事実。

 

その証拠に、この中国の動きを好感と捉えた投資家は中国株に対して買いのスタンスをとっているっす。

 

株価が騰がっている理由も、投資家による中国株に対する期待と見て間違いないのではないかと思うっす。

 

これからロックダウンが解除され、中国の景気が上振れていくことは、投資家にとってさらに中国株に好感を持てる状況となっていくのではないでしょうか。

 

円安元高の進行が「爆買い」を呼ぶ

いま円安の動きが尋常じゃない速さで進んでいるっす。

 

この円安は輸入物価や原材料価格の高騰を招き、消費者の生活を圧迫していくことは間違いないと思うっす。

 

ぼくもこの先に訪れる生活費の高騰について考えると頭が痛く、大好きな海外旅行をしたくてもコストが高くつき現実的に考えられないと言ったところ。

 

しかし、この状況の中で好転的に考えられることがあるとすれば『円安元高の進行』っす。

 

円安はぼくたちが海外に行くことにはコストが高くついてしまいむかないけど、海外から日本へ来る旅行者からはすごく魅力的でお得であることは間違いないっす。

 

バブルのときに日本人が海外旅行に感じていたことと同じっすね。
田中(サイト管理人)
田中(サイト管理人)

 

中国は立地的にも日本と近いし、日本製品の品質の高さは中国でも人気。

 

そんあ製品が円安によって安く買えるとなれば、ここで買わない手はないっすよね。

 

過去10年を見ても中国人観光客による『爆買い』と呼ばれる状況は何度となくあったっす。

 

それこそコロナで停滞させられてしまったけれど、、、

 

しかし、これからもっともっと円安が進み、海外旅行者の受け入れ緩和が行われ、中国のロックダウン解除が進んでいけば人の流れが増え、中国人による『爆買い』はアゲインするのではないかとぼくは思っているっす。

 

さて、この中国人の莫大から急騰すると思われる内需関連の銘柄はなんだろう?

 

そんなことに思考をめぐらせている今日この頃っす。

 

要チェック!

田中(サイト管理人)
田中(サイト管理人)
騰がる銘柄を自分で探すは苦手」「騰がる銘柄を知りたい」「短期で大きく儲けたい」という方は

当サイトで「儲かる」と話題になっている株情報サイトをチェックしてみてほしいっす!

【ラクして儲かる方法を知るか知らないかで人生は変わる!】

コメントを残す

の会社概要