酒田五法とは、江戸時代の本間宗久が考案したローソク足の組み合わせによるテクニカル分析のことを指す。酒田とは山形県酒田市のことで本間宗久氏の出身地。本間宗久は相場師として有名で、買い場・売り場を読む5つの法則(三山、三川、三空、三兵、三法)を考案した。