逆指値注文とは、設定した価格まで株価が上昇したら利益確定売りを、ロスカット値まで株価が下落したら売り注文を出したりと、非常に有効な注文方法。株価が上昇と下落のどちらに転んでも売り注文を出すよう予め設定しておける。