逆張りとは、株価が下落している時に反発を狙って買い注文を入れる方法。移動平均戦やスローストキャスティクス、MACDなどの指標で割安感が出ている時は反発の可能性があるため用いられる。