貸借倍率とは、信用取引における「信用買い」と「信用売り」の比率を表し、「信用買い残」÷「信用売り残」で計算されて表示されている。株を注文する際に、信用買い残が多すぎると上値が重いことも。買い残が多い=将来の売り圧力となる。逆に信用売り残が多い場合、何か好材料が出た時など株価が上昇するような転換期には一斉に買い戻し(決済)を行うため、上昇圧力が一層強まる。