自社株買いとは、上場企業が市場に出回っている自社株式を買い付けることを指す。浮動株を引き下げ、株主価値を高めるために行ったり、敵対買収されないよう資本比率を高めることになり投資家に好感される好材料とされる。