証券取引所が上場廃止基準に該当するおそれのある銘柄は、一定期間監理銘柄に指定し、投資家へリスクを周知させた上で売買を行わせます。上場廃止になるかを一定期間で判断する。