現物取引とは、証券会社と投資家の間で、決済日に株式(現物)と現金の受渡しが行われることを指す。自分が証券会社に入金した分だけの取引のこと。入金額を担保に入れて3倍の取引をすることを信用取引きと言う。