狼狽売りとは、保有する企業の悪材料が出たり、相場が急落したことに驚いて慌てて保有株を売却しようとすることを指す。売りが売りを呼び、多数の投資家が慌てて売り注文を出すため株価は下落する。