民事再生法とは、再建型の倒産法の一つで資金繰りなどの経済面で窮状にある債務者とその債権者の民事上の権利関係を調整し、債務者の事業・経済生活の再生を図ることを目的として制定された法律。事業は継続するが、上場廃止になるだろう。民事再生法の手続き開始が決定されると再生計画案を作成しそれに対する決議、裁判所の認可を得たうえで事業を継続する。