新株発行とは、上場企業が資金調達するため新たに株券を発行すること。発行済株式総数が増え、希少価値が薄くなるために、悪材料と捉えるられる。新興市場に上場している企業ではこの限りではなく、事業拡大に積極的という面から好材料と捉えられる場合も。