損切り・ロスカットとは、保有する株式が購入時より下落し、今売却すると損失が出てしまうが、損失がさらに拡大する前に売却をすること。決断するには勇気が必要で、損切りが出来ず被害が拡大する人が多い。購入時より5%下がったら必ず損切りをするというような強制ロスカットルールを作らないと、「もう少し持っていれば、また株価が戻るだろう」と損切りをせず塩漬け株となってしまう。