大底とは、現在の相場が最も低水準にあることを指す。これから上昇していく転換時などに使われることが多い。