塩漬けとは、買付けた株の値段が大きく下がり、売るに売れない状態のことを指す。売り注文を出そうにも損失が発生するため、少し待てば上がるのでは?と長期間保有してしまう状態にあることを言う。運良く株の値段が上がり損失を相殺することもあるが、さらに値段が下がり損失が拡大し続けることも。