株価を分析する様々な指標から、投資妙味のある割安と判断される株式のことを割安株。投資妙味がない、株価が高い水準にある銘柄を割高株という。