先物取引とは、価格や数値が変動する有価証券・商品・指数に対して、買付時に代金を支払わず、未来の期日まで買付代金の支払いが猶予される。価格の上昇を見込む場合は買い注文を入れる。
売り注文を入れる時は、価格の下落を見越して。