信用取引において、信用買い・信用売りの決済が済んでいない残り株数をさす。買い残が多いと返済売りが出るので上値が重くなり株価上昇が鈍化する恐れがある。買い注文を入れる際に確認しておくべきデータ。