低位株とは、株価水準が低く1株あたり1円〜500円程度の銘柄を指す。株価水準が高い銘柄は値嵩株(ねがさかぶ)と呼ぶ。低位株はボロ株とも呼ばれ、短期的に急騰したり、仕手相場に発展したりすることもある。