バブル景気とは、日本では1980年代後半から1990年代初頭にかけて続いた好景気のことを指す。当時は株や不動産などへの投機が盛んで、株価や不動産価格が高騰し続けた。しかし投機熱が冷めた時は悲惨であった。景気が泡のように膨れて、突然はじけたことからバブル景気と呼ばれる。