サブプライムローンとは、アメリカで信用力の低い借手に貸付けた住宅ローンを指す。金利も高くローンの回収も遅延することが多く、債権が組み入れることも多い。それを原因として、ローンへの投資を証券化し取引可能にしたサブプライム・モーゲージで価格が急落し、市場崩壊等々の経済危機に発展したことをサブプライムローン問題危機とされる。さらに、米リーマンブラザーズが倒産したことにより世界金融危機に発展し、これらを引っ括めてサブプライム住宅ローン危機と呼ばれる。