第2次安倍内閣が、デフレ脱却に向けた経済政策で「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」の“3本の矢”を柱とする政策のことを指す。またこの3本の矢に関わる事業には国家予算が組まれることもあり、売上高の期待等から国策銘柄と呼ばれる。異次元な金融政策といわれ、日経平均株価は約2倍にもなり、大幅な円安になった。