もみあうとは、株価が上下に乱高下しつつも売りと買いが双方せめぎ合い、小幅な値動きを繰り返すこと。もみあっている状態を続けた後は、上か下かどちらかに変動することが多い。