投資顧問会社・投資助言業者を徹底比較!利用者の評判や口コミ投稿機能で儲かる株情報を探しましょう!

投資顧問・投資助言業とは

  • HOME »
  • 投資顧問・投資助言業とは

投資顧問・投資助言業とは

投資顧問・投資助言業とは

投資顧問業とは大きく分けて投資助言業と投資運用業に分かれます。 このサイトで扱う投資顧問とは投資助言業者のことを指します。

  • 投資助言業とは
投資顧問会社と顧客で「投資顧問契約」を締結し、企業情の業績などのファンダメンタルズ分析やチャートなどのテクニカル分析によって相場を分析したり投資に関して助言を行う投資顧問。投資顧問会社といったときには、この投資助言業のみを指している場合が多い。2006年の金融商品取引法改正によって容易に投資助言業者として登録出来なくなった。現在は金融庁へ届け出を出さずに(出していても認可されていない場合も)情報屋として開業した「投資情報屋」が乱立している。
  • 投資運用業とは
投資顧問会社と顧客で「投資一任契約」を締結し、顧客の投資資金を預かり運用する投資顧問。
投資ファンドの一種としてみられる。投資運用業としてメジャーなファンドでは村上ファンドが挙げられる。

投資助言業の利用料金

投資顧問業者の料金体系は様々であり、これまでは「固定制」「従量制」「成功報酬制」と呼ばれていたが、現在は「ポイント制」「スポット契約」「期間契約」などと呼ばれている。

  • 固定制

年会費や月額制などの会費を支払う。投資助言業の場合、支払った期間の間に提供情報が行われなかった場合、翌期間の料金を無料にする投資顧問会社もある。行うべきサービスを提供しなかったことに対する補填なので、損失補填にはならない。最近ではこの固定制を「期間契約」や「期間会員」などと呼び募集をかけている。期間会員にもグレードがあり、「VIP会員」や「マスター会員」「エグゼクティブ会員」「プラチナ会員」など様々で、グレードによって固定会費が異なる。まるでマルチ商法のような会員グレード名称だ。

※固定客を沢山抱え込んでいる投資顧問会社だと馬鹿に出来ない。高いグレードの会費を払っている顧客の資産は大きいことが多く、提供銘柄を出した途端に買い上げられることも多々みうけられる。一般投資家がインターネットで株を買う時代になったので、太い顧客を多数に抱える有力投資顧問が銘柄提供すると、新興銘柄の株価なら急騰する程の力を持っていることも。

  • 従量制
一銘柄の助言に対して1回分の料金を支払う料金体系で、1回分の料金はその時々によって異なる。比較的安価と思われる1万円程度の料金もあれば、高額な商品だと1銘柄分で10万円なんてものもある。平均的には3万円〜5万円程度であることが多い。
※上記の固定制と比べると、料金的にも入会しやすいことから単発的に参加者が莫大となる可能性がある。これは個人的見解ですが、多数の参加者がいるだろうと想定できる従量制(スポット契約)商品には便乗する価値がある。株は心理戦であると良く言われるが自分を含めて心理的に妙味高そうで料金も安価であった場合、且つ新興市場の銘柄提供を公言していた場合はイナゴタワーを形成する可能性が大きいのだ。これに初動で乗ると、買い圧力が強く短期的だが株価は急伸する。
  • 成功報酬制
顧客に投資助言を行い、それによって出た利益に対し契約で定めた報酬割合(10%~30%程度)を支払う。ここ最近の投資顧問会社では成功報酬制を取り入れている会社は少ない。
※試したことがないので何とも言えない。が、情報料金や固定費がかからないのであれば、顧客としては「利用料金の回収リスク」が軽減されるのでやってみたい気もする。 
(※赤字は筆者の個人的な見解です。ご利用はご自身で判断下さい。)

投資顧問業者の有料情報は良く当たるのか!?

はっきり言って、どの投資顧問会社を使っても当たる時は当たる、外れる時は外れます。

基本的に、推奨銘柄の基本情報や業務内容はもちろん、ファンダにテクニカルなどの分析を行った上で銘柄を公開しますから敢えて入金してくれた顧客に対して業績や指標が悪く投資妙味のない銘柄なんて出さないでしょう。株価は外部要因による影響が大きいので、その辺りもキチンと予測して出してくれる投資顧問会社が良いですね。今はアベノミクス相場で日本株全体が買われている時ですが、地政学リスクの問題やギリシャやキプロスなどのEU金融問題、アメリカのデフォルト問題、中国のバブル崩壊、為替や原油の乱高下など世界同時株安なども想定して情報を出してくれるところが良いですね。こういった世界経済の指標が崩れて日本株も売り状態の時に「手仕舞い」指示を出せない投資顧問は使わない方が良いでしょう。

投資顧問会社も一度出した有料情報を途中で引っ込める行為はしたがりません。クレームに発展するからです。
ですが、株式投資にて儲ける為に必要不可欠なのは、利益を出来るだけ伸ばす「利食い」のタイミングと、損が拡大する前に早めに損を切る「損切り」です。この基本を無視してしまう投資顧問会社は切り捨てましょう。最低でも銘柄公開時に「利食いライン」と、「損切りライン」を出している投資顧問を利用しましょう。

投資顧問会社は今もの凄い数が出来ています。 200社程の投資顧問が出来ているのではないでしょうか。
この中で当たる投資顧問を見つけるのは個人では至難です。当サイト「おすすめ投資顧問ランキング」の評判やクチコミ状況を見て、是非お役立て下さい。

また、有力な投資顧問の推奨銘柄は短期的に株価急騰することが多いので、そういったおすすめ投資顧問はランキングページに乗せています。紹介中の投資顧問は「有力筋」または「早見筋」のどちらかに該当します。非常に期待できる投資顧問会社ですが、当たる時は当たりますが、外れる時は外れてしまいます。この点は、あなた様も投資家として、最低限の損切りルールで対応下さい。そうすれば、勝てる割合は高いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

稼ぎたい人必見!オススメ優良投資顧問会社

テーマ(Theme)

急騰銘柄を掴める
限定2大特典プレゼント中

次の爆発的急騰期待株は!?

制作者プロフィール


ニックネーム:田中 電子版
年齢:33
お仕事:DTP
お趣味:株式投資/ネトゲー


26歳の時、ライブドアショックやリーマンショックで資産を吹き飛ばし、株式市場から退場した経験あり^^;

基本的に投機家ではなく投資家だと思っていたので、企業に惚れ込んでしまい株の損切りができなかったことが退場の最大要因だと反省をし、アベノミクスや黒田バズーカ、日銀緩和政策によって株高となっている株式市場に舞い戻ってきました!


調べたい投資顧問会社名など